今日のつぶやき

『 徒歩1時間 』20161109

2016年11月09日水曜日 つつい

『 徒歩1時間 』20161109

中目黒オフィスのつついです^^
「東京で木枯らし1号が吹いた」と発表がありました。風が本当に冷たくなりましたね。

今日は”全省庁統一資格”の更新に、最寄りの受付機関まで約20分程、徒歩でいこうと決めて出かけました。

携帯で地図を見ながら建物が見えているところまで着いたのですが、見えているのに入り口が見つけられず、1時間近く(広大な施設の周りを地図を見ながらぐ〜るぐる)迷子になってしまいました〜。

「あっちかな?こっちかな?おかしいな?」

「もしかして反対かな」

「塀の向こうに建物は見えているのに、なかなか入れないな」

「入り口のこと聞いておけばよかったな」

・・いろんなことが頭の中をぐ〜るぐる。

入り口が見つけられないまま・・
急勾配の坂道を息を切らしながら上り、たどり着けるかだんだん不安になっていく・・・
日も暮れかけの頃、大の苦手な「寒さストレス」が私を蝕んでいく・・・・
風がビュービュー吹いて、まとめた髪を崩していく・・・・・最初に曲がった角が見えた!
と、建物の「正門」を見つけました。

『なぁんだ〜〜〜』そう思った瞬間に一気に力が抜けました。

入り口で守衛さんに「ここから受付のある建物まではさらに遠いよ〜寒いから気をつけてね」とちょっぴり脅されたのですが
その時私は、たどり着けた安心感と妙な達成感で無敵でした(!)

徒歩1時間以上かかったのですが、申請はものの数分。
『そんなものよね〜』
やり遂げた思いでいっぱいになりながら、同じ道を(今度は迷わず)来た時より周りの景色をよく見ながら、帰りました。

オフィスに帰って、思ったことがあります。
わたしは近くで働いているし、地図が読める、土地勘がある、つもりでした。実際行ってみるとわからない、迷子になる、ストレスを感じる、いろんなことが起きました。
よく見渡せば、周りには公園に集まる人たちがいたり、病院があったり、その前に送迎のタクシーが並んでいたり、たくさん人がいたはずなのに、情報がすぐ手に入るからこそ携帯画面の地図に頼ってもくもくと歩き回っていた自分。

かなり意固地でした。

もっと周りを見よう、同じことはしないぞ!と思える経験でした。