コラム メメント・モリ- 死を記憶せよ

今年のA.B.E.研究会(Arts Based Educations)ではテーマのひとつとして「企業メメントモリ」を扱います。この言葉は私たちがつくった造語ですが「組織で働く終わりを明らかにせよ」という意味です。組織で働く以上かならず退職がきます。終わりを明らかにすることによって、今の生き方・働き方がはっきりとしてきます。逆を返すと終わりから目を背けることによって、今の自分がおろそかになります。

 

企業の人材育成にたずさわり、いろいろな組織とお付き合いをするなかでこのところ実感するのは、経営トップが自らの進退から目を背けることにより、組織そのものに大きな損失を与えていることが目あまることです。経営トップのみならず我々50代以上の者が組織に与えている影響、はばかりなく言わせてもらえば老害と言えることが組織や社会にはびこっていいます。

 

自分たち自身の終わりを見つめることにこれまで日本の社会、企業は目を背けてきました。2050年になると、日本の人口は約9700万人に減少し、全国の6割以上の地域で人口が2010年時点の半分以下になるという報告を日本政府はだしています。多分政府が出しているよりももっと早くその時代はくるでしょう。

 

これまで拡大することでのみ企業はビジョンを描いてきました。が、これからは衰退(推戴?)することを直視することでビジョンを描くことができる時代を迎えています。自分たちの終わりを明らかにすることで、次の世代に何かを残すことができるのです。我々社会は企業は終わりを直視することができるのでしょうか。それともそこから目を背けて破滅につき進んでいくのでしょうか。

 

私はこの会社を僕がいなくなった後に誰かに引き継いてもらい発展させるのか、それとも僕がいなくなったら閉じるのかを真剣に考える年となりました。僕のプレイバック・シアターや研修、経営を誰かが引き継いてくれるのなら、これほど幸せなことはないのですが、こればかりは後を継いでくれる人たち次第です。

経営トップの方々に問う。自分はどういうリタイアを考えているでしょう。自分がいなくなった後にどのような組織になるかを想い描いてリーダーシップを発揮しているでしょうか。企業の第一義の意義が存続することとするならば、トップは自らが退いた後の展望を示さないといけません。

 

一方で、僕の友人たちのアーティストはあくまで自分が創りだしたいものを後先考えずに生涯を通して生みだしています。アーティストとはそのような存在なのです。終わる時まで花火のように光り輝き続けるのがアーティストです。アーティストのように輝き続けることを組織はできるのか。

経営とアートの融合。これを今年は問い続けていこうと思います。

 

羽地朝和

 

コラム ABEに想う_「本当の自分って?」をやってみて

アート・ベースド・エドュケーション(ABE)の勉強会を定期的に行なっている。

ABEとは、アートを使い直感や個性を養うことやチームビルディングを目的にした教育研修のことだ。
1月のテーマは「本当の自分って?」。
今回私はそのテーマから「本来の自分の声を探る」という活動を行った。
自分の職場でよくやっている会話、気になったあの時の対話などをセリフで書いてもらい、そのやりとりを再現してみるのだ。状況説明は最小限に。セリフも二人で4行前後に。
人は人と交わる以上、関わる場により役割を要求される。
会社の役職の顔、家族の顔。地域の顔。
それらをうまく遂行しようとすればするほど、コントロールがよくきいた身体はそれにふさわしい振る舞いをするだろう。
声もその一つだ。
しかしその役割が自分の正直な気持ちとズレが生じていたら、そしてそのズレを修正できずにいたらどうなるだろうか。
「本当の自分」もどんどんズレて何が本当なのかわからなくなっていくことが起こるのではないだろうか。
この活動では、そんな仮説をもとに、まず普段の役割の声を少し離れて眺めてみることをしたかった。
最初の活動は、書いた会話文を全く事情を知らない人同士で読んでもらう。
自分とは違う声で出されたセリフを今、どんなふうに感じるのか体験してもらいたかった。
当然、自分とは違う言い方になる場合が多い。
その経験から、もう一度自分の書いた対話文を眺めてみて、「その時本当は何を言いたかった?したかった?」と自分に問いかけてみてもらった。
そして実際にその言葉を考えて言ってもらうのだ。
最初はうまく言えないかもしれない。
本当に言いたかったことであるからこそ、言えないことはある。
けれどもここは架空の場だ。
あなたの目の前にいる人はその時の人でもなければその当時のあなたではない。
今のあなただからこそ、言いたいことを声にしてみた時、それは自分自身の声を出した、と言える。
それは声だけではなく、仕草にも宿るかもしれない。
本当は立ち去りたかった。本当は抱きしめて、頭を撫でてあげたかった。本当は目の前のファイルを叩きつけたかった。
でも戸惑いで動けなかったり、怒りで心にもないことを言ってしまったり、逆に何も言えずに終わったのかもしれない。
そんな記憶が今も自分を支配しているなら、今、声を出そう、今、やれなかったことをやってみよう。
その瞬間に初めて本当の自分を自らで取り戻せるのではないだろうか。
それには人の力が必要だ。
アートの場の力で他者の手のぬくもりや感覚を借りてみよう、信じてみよう。
そして同じく他者にも自分の力を貸してみよう。
詳しく事情を知らない他者だからこそ言えることできることがあるはずだ。
どんな小さな声でもネガティブな言葉でも仕草だけでもいい。
あなたの身体を通して外の世界にようやく出た小さな振動は、少しずつ反響しあい、やがて大きなうねりとなって戻ってくることもあるから。
アートにはそんな力が備わっているから。そんな願いで行った。
それらはさりげない言葉だったり、微笑んでしまう言葉だったり胸が痛くなってしまう言葉だった。職場だけではなく、家庭での家族との会話を選んだ方もいた。
活動している人全員がアートとして表現しようとしていないことが逆にアートに満たされた場になっていた。
本当の声を取り戻す活動とは、その人の尊厳を取り戻すことになるのだな、と思う活動だった。
アートとは、その人がそうでしかいれないものが外に表せた活動のことをいう。
まだまだこの声を出す活動で試してみたいことはたくさんある。
これからも機会を作って何度かやってみたい一つになった。

27858186_1446726342105045_6154547307152808047_n

表現教育家 岩橋 由莉

コラム ABEに想う_ドラマ力

『人は解決したい問題がある時、その専門家を招く。
あなたが、今日ビジネスが直面している課題、人的資本の課題それは例えばチームワークづくり、組織改革、人材確保(人材流出阻止)、スタッフに状況省察を促し物事を別の角度から見られるよう(意識改革して)その問題に一歩深く踏み込ませ、沈滞した状況から脱するイノベーションを成し遂げ、組織・ビジネスをよみがえらせたいなら・・・
これらの課題を解決する専門家とは誰だろう?
それらの効果を生み出す専門家とはだれだろう?
答えは、アートだ。アートのもつ牽引力だ!』
以上の引用は、下記に出展を記したように、2009年にイギリスで発行された経済誌の記事です。
 (「The Value of Arts-Based Initiatives during a recession」 as a supplementary paper to Professor Giovanni Shiuma ,University of Vasilicata /published in Arts and Business2009 より)
<ドラマ>というアートがビジネスに働きかける時、<ドラマ力> が浮かび上がります。
<ドラマ力>は、アズ・イフ(as if)の力と言っても過言ではありません。
<ドラマ力>の持つアズ・イフ(as if)の力こそ、あなたが抱える問題を解決する鍵になると確信します。
多くの人は仕事や人間関係に問題がある時、その原因を考えその原因の解消に悩みます。
実は問題の解決には、もう一つの方法があるのです。
その問題の原因を考えるのではなく、すでに問題が解決されている状態を考える思考法です。
それは<ソリューション・フォーカス>と言われています。
実は<ドラマ力>の持つアズ・イフ(as if)の力こそ、
この<ソリューション・フォーカス>の原動力なのです。
<ドラマ力>は、あなたのビジネスや人間関係が抱える問題を、
自然体で人間性に沿った方向に解決してゆきます。
<ドラマ力>が高まってゆくと、
あなたの姿勢が自然体に変わります。
あなたの声が、温かな愛情ある響きに変わります。
日々のあなたの表情が和らぎます。
あなたの人への対応が、「親身」になります。
あなたの達成力、指導力、信念の力は、あなたの全身が発するものになります。
あらゆる商談、接客、プロモーション、全てのビジネスコミュニケーションは<ドラマ>です。
<ドラマ力>のある人は、演出家の目線に立ってお客様を主人公にしたドラマを描きだします。
(多くの人は、自分が主人公になりたがります)
ひとはドラマの主人公になった時にだけ、全力で働き出し、全力で知恵を絞りしぼり、 
勇気を奮い立たせるのです。
その他大勢、わき役、ドラマの通行人1をやりたい社員は、うちの会社にも、取引先にも、
お客様にも、一人もいません。
つまらないドラマには、誰もついて行きません。
お客様も、社員さまも 株主様も 誰よりもあなたも・・・
ドラマ力は 同僚を、部下を、上司を 社員みんなを 
うちの会社の主人公にします。
職場にドラマをつくれる人、売り場にドラマをつくれる人、
お客様にドラマを持って帰ってもらえる人
部下と、同僚と、上司とともにあなたの会社の将来のドラマを思い描ける
うちの会社は全員が <株式会社OOO商事>ドラマの主人公だ!
そう言い切れるドラマ力が、あなた自身を 職場を 会社を 世界を変えられるのです。
世界の本質は<ドラマ>でできています。
<ドラマ力>は、新しい世界を切り開きビジネスを蘇らせます。
<ドラマ力>それは出現する未来という劇場(場)に、新しいあなたを主人公に新しいドラマを想像する力です。
<ドラマ力>は、あなたが、今、ここから一歩踏み出す、新しい生きる力を引き出します。

27752076_1446737752103904_3717528956644164585_n

演劇教育家 オーハシヨースケ

コラム ABEに想う_メメント・モリ

僕の師匠は沖縄での合宿ワークショップ中に倒れ、そのまま入院先で天に召された。遺骨は青い海に散骨され、ご家族とその小舟に乗せてもらった。
はらはらと沈むお骨をながめ「これが人生なんだなあ」とぼんやり思った。

僕はその脚本をなぞって生きている。でもまだ師匠の足元にも及ばないので死ねない。
終わりを見すえると、今をどう生きるか、残りの人生で何にとりくみ、何をやめるかを考える。


第2回ABE研究会のテーマは「メメント・モリ」
黒澤明監督の「生きる」をアプライドドラマで経験し
そしてプレイバック・シアターで生きざまを観て
自分への手紙をかく


この人生でよかったと思うのもよし、こんなはずじゃなかったと嘆くのもよし
結局この生き方が僕の人生なのだから


かけがえのない仲間とのひと時を楽しもう。

6243748672_img_0763

コンダクター 羽地 朝和