若手層

若手の"ヤル気スイッチ"を入れたい!<自分で入れる編>

・アプローチ方法・習得スキル :セルフマネジメント
・対象者イメージ:ステージが上がるタイミング/若手・中堅層 ・アプローチ方法

【研修のポイント】次のステージに上がるタイミングでこれまでの自分の仕事の仕方や考え方を一度立ち止まって確認し、自分自身のモチベーションが上がる仕事の仕方、他者との関わり方などやる気スイッチがどこにあるのかを明確にします。また、成功体験を紐解き、思い込みによらない自身の「本当の強み」を探ります。次のステージで、強みを活かせる、且つモチベーションを維持増進できる仕事の仕方を持ち帰ります。

 

入社2年目〜5年目対象:若手・中堅社員研修

・対象者:入社2年目~5年目

【研修のポイント】健全な危機感を持ち、やるべきこと(Must、期待されていること)は何かその期待に応えるために、できること(Can、習得した意識、知識、スキル)を着実に増やしながら、やりたいこと(Will、やりたい)を見出せるように展開します。自身の使命、持ち味(=強み弱み)を(再)確認しながら、自ら考え、 自ら行動していくモチベーションを作っていきます。また、この時期に身につけておくべきスキル(コミュニケーション、ロジカルシンキング、言語化する力、プレゼンテーション力など)を習得します。

 

育成担当者対象:メンター養成研修/OJTトレーナー研修

・対象者:育成担当者に任命された方

【研修のポイント】新入社員の定着と成長の鍵を握る職場の育成担当(メンター)とし て、新人の成長レベルに合わせた関わりや指導法を学びます。新人育成の実践を通して、担当者自身の成長及び育成の職場における育成する風土の浸透を図ります。